INTERVIEW

達成感や感動を
生み出す生命線

ストリーマー YamatoN(DeToNator)

「日本でもPCゲームをだれでも簡単に自由に遊べるようにしたい」そんな想いから生まれたGALLERIAは、2020年7月、ゲーマーにとって信頼できる「相棒」となれるよう新筐体とともにリニューアルを行いました。
リニューアルに合わせて、GALLERIAの志と同じくゲームを愛し、挑戦をし続ける方々にインタビューを行っています!

今回のインタビューは、日本を本拠地としてeスポーツシーンで活動するプロゲーミングチームおよびストリーマー集団DeToNator(デトネーター)の、ストリーマーチームに所属するYamatoN(ヤマトン)さん。
2020年冬、日本屈指の人気・実績を誇るDeToNatorとのコラボレーションが実現! コラボを記念して、ストリーマーの枠におさまらず実況解説や司会まで手掛けるYamatoNさんご自身のお話や、GALLERIA YamatoNさんコラボモデルについてお伺いしました。

ストリーマーになって
「僕はゲーム自体が好きなんだ」と気づいた。

――まず、YamatoNさんは配信以外にも様々な活動をされているそうですが、どのようなことをされているのでしょうか?

僕は今、ストリーマーとしての配信以外で、シューティングゲームの解説をやらせていただいたり、実況や司会進行などで番組出演させていただいています。
僕は競技シーン……選手たちが戦いあっているのを見るのが結構好きなんですよ。なので基本的に今は、昼から夜にかけて自分の配信を行い、その後に解説などの仕事に行く……みたいな生活をしています。
今、解説を担当させてもらっているゲームの世界大会が行われていて。自分も昔は選手という立場でしたし、選手たちの頑張る姿を見てきたので、日本代表を応援するのも楽しいです。解説という「仕事」なのに、楽しませてもらっています。

――多岐に渡る活躍をされていますが、今特にやりたいこと・興味のあることは何でしょうか?

基本的には結構自分のやりたいこと優先していて。ストリーマーとしても今すごくはまっているのはVRです。一般的にはまだ普及してないし、馴染みのないものだと思いますが、自分がやってみてすごく面白いと思ったし、面白いと思ったものをみんなに知ってほしいというのもあるので、そういったゲームは結構率先してプレイしています。あとは、自分が解説などに携わっているタイトルをプレイしたり、色々やってみたりして、様々な形で配信を通じても魅力を伝えられるように努力をしています。

実を言うと、僕はストリーマーになるまではシューティングゲームしかやらず、しかもその活動している1タイトルしかしないようなプレイヤーだったんですよ。でも今、「競技で争う」という輪から外れて様々なゲームに触れてみたら、自分はシューティングゲームだけではなくゲーム自体が好きなんだなと気づいて。逆に今までは色んなジャンルのゲームに触れてこなかったので、だからこそ今は色んなジャンルのゲームを楽しいと感じてゲームをプレイしています。

GALLERIAは、
僕にとっての生命線

――YamatoNさんにとって、ゲーミングPCはどんな存在ですか?

もう、僕の活動に関してゲーミングPCは「生命線」ですよね。先ほど言ったすべての活動は、ゲーミングPCがないとまずできないんですよ。VRであれば本当に性能の高いグラフィックカードがないとまず動かないですし、CPUの性能も高くないといけない。特にVRは他のジャンルと比べてやっぱり描写も多いじゃないですか。負荷も非常にかかるのでVRにはまず性能の高いグラフィックボードとCPUを搭載するゲーミングPCが必須です。
あとは、競技シーンのシューティングゲームにおいてもフレームレートというものが存在していて、秒単位の描画数も最低144枚描写されていないと快適にプレイできないので、シューティングゲームにもゲーミングPCは必要です。
あとは僕、スマートフォンのシューティングゲームもプレイして配信までするんですけど、1回PCにHDMIでゲーム画面を取り込んで配信にのせて出力するんです。それも取り込む画面は1画面じゃなく、例えば主観視点とオブザーバー、観戦画面に入っているMAP画面など、何個も何個も画面を取り入れないといけないんですよ。そういった観点から、高性能で処理できるPCでないとそもそも配信もできません。正に僕の活動の生命線なんです。

――数あるゲーミングPCの中で、GALLERIAについてはいかがですか?

GALLERIAはやはりハイエンドモデルというところで僕の活動の全てに紐づきますし、VRゲーム、PCのシューティングゲーム、モバイルのシューティングゲーム等の活動の心臓の部分ですし、様々な活動の部分に紐づいてくるものなので、そういったハイエンドな高性能なPCを提供してくれる、そんなメーカーだと思っています。

高性能だから体験できる
達成感や感動がある!VRなど、
様々なゲームや体験を楽しめるモデルに。

――YamatoNさんモデルのこだわりや想いを教えて下さい!

どんなモデルがいいかなと考えるにあたり、ハイエンドのPCを買っていただくなら、「色んな体験をしてほしい」と思いました。僕が好きなシューティングゲームもプレイもして欲しいんですけど、一番体験してほしいのはVRだったり、最先端のテクノロジーだったり、なかなか体験できないものを……。ほんとに、ハイエンドなPCさえあれば家でもUSBを繋げられれば体験できるんですよ。
シミュレーションゲームも、シューティングゲームも、ゲームを楽しむには性能が重要なんです。高クオリティな描写が見られるからこそ、達成感や感動がいっぱいあって。その描写を手に入れる重要な要素は、グラフィックボードが一番で、CPUが二番。そこに紐づいて全体の性能のバランスがとれるようにしました。

YamatoNさんモデルをどんな人に使ってもらいたいですか?

今まで体験したことのない体験を味わいたい方は是非ともハイエンドPCを買っていただいて、VRゲームだったりシミュレーションゲームだったり、シューティングゲームだったり……色んなゲームを楽しんでいただきたいです。
ローエンドモデルに関しては、なかなかハイエンドモデルに手が届かないという場合でも、色んなゲームをちょっと楽しんでみたいという方に選んでいただきたいです。

ストリーマーYamatoN(DeToNator)

PROFILE

2009年に設立され、今年12年目を迎えるプロゲーミング集団『DETONATOR』のストリーミング部門所属。様々なゲームタイトルで国内優勝、世界大会に出場。 現在は司会やMCもこなすスキルも併せ持っている。現在は配信者として活動中。 初心者にも分かりやすく伝えることに長け"やまとん先生"の愛称も