INTERVIEW

ストリーマー
が増えれば、
どんどんゲームが
盛り上がっていく!

ストリーマー するがモンキー(DeToNator)

「日本でもPCゲームをだれでも簡単に自由に遊べるようにしたい」そんな想いから生まれたGALLERIAは、2020年7月、ゲーマーにとって信頼できる「相棒」となれるよう新筐体とともにリニューアルを行いました。 リニューアルに合わせて、GALLERIAの志と同じくゲームを愛し、挑戦をし続ける方々にインタビューを行っています!

今回のインタビューは、日本を本拠地としてeスポーツシーンで活動するプロゲーミングチームおよびストリーマー集団DeToNator(デトネーター)の、ストリーマーチームに所属するするがモンキーさん。
2020年冬、日本屈指の人気・実績を誇るDeToNatorとのコラボレーションが実現! コラボを記念して、世界最高ポイントマンとして表彰された経歴を持つプレイヤーとして活躍し今ではストリーマーとして活躍中のするがモンキーさんご自身のお話や、するがモンキーさんコラボモデルについてお伺いしました。

今回のコラボは、
嬉しい限りです

――まず、今回のGALLERIAとのコラボについてどのように感じていらっしゃいますか?

僕は、今はもう選手として活動していないですが、昔大会のオフライン会場に行った時も絶対にGALLERIAあったので昔から知っていました。まさか今このようにコラボなんてさせていただくなんて、夢にも思ってなかったのでもう嬉しいですね、ただ嬉しい限りです。

――するがモンキーさんのモデルのLEDカラーは黄色ですが、そこはやっぱりお名前から?

バナナのカラー。黄色好きなんで、この色にしました。バナナ大好きです。
だいたいみんな、「バナナ好きだから、するがモンキーなんだろ」って言うんですけど……。まあ、そういうことにしときます(笑)

親の「これからネット
社会になるから!」という
思いからPCゲームの世界に。

――現在はストリーマー、以前はプレイヤー……しかもその前はプロのキックボクサーという経歴をお持ちの するがモンキーさん。リアルスポーツに熱中していた するがモンキーさんがPCゲームにハマった経緯を教えて下さい。

小学校4年生ぐらいの時から僕はパソコンゲームをやっていたんです。当時、ネットはまだ世間に全然普及してない時代だったんですが、親が「これからの未来、絶対ネット社会になるからパソコンは絶対触っておいたほうがいい!」と僕をパソコン教室に通わせてくれたんです。
最初は親のその言葉を信用できなくてしぶしぶ通っていたんですけど、教室に行ったらPCにインストールされているゲームがすごく面白くて! 当時は今みたいにすごく素晴らしいゲームはなかったですが、すごく楽しくてパソコンゲームにのめり込みましたね。

すべてが信用されている
ブランド GALLERIA

――GALLERIAの良いところはなんですか?

GALLERIAの良いところは言い出したらキリがないですね。大会に行っても絶対にGALLERIAのロゴは出ていますし……その名前が出ているということは、性能や価格、全てが信用されているブランドだと思っています。
あとは、スペックの良さ。GALLERIAはスペックと値段が良い意味で見合っていないと言うか。普通、GALLERIAに搭載されているスペックのPCを買うとなると、普通はすごく高い価格になるんですよ。他で買ったらめちゃくちゃ高いのに、みたいな。GALLERIAだったら、性能に対して予想される価格よりすごくリーズナブルに買えるっていうイメージはありますね。

すべてのモデルは
「配信してみたいな」
と思う人のことを考えて。
配信は大会参加にも
必要なんです。

――するがモンキーさんのカスタムモデルはどのようなお考えでチューンナップされたのですか?

僕は普段ゲームをプレイしながら配信をしていますが、ゲームをするだけならそこまでスペックは必要なかったりするんです。ただ、最近どのゲームの大会も「配信をしながら試合をする」というのが義務化されている大会が多く、大会参加を視野に入れると求められる必要なスペックは高い基準のものになります。そういった人向けにチューンナップを考えました。

ゲームをプレイしながら配信するとなると、メモリがないと配信がカクついてしまったり、ゲームから出力されるFPS のパフォーマンスが下がってしまったりするので、そこを安定させるために、グレードの高いグラフィックボードなどを搭載したパソコンにしました。

――3つのモデルがありますが、それぞれのこだわりはありますか?

一番高いスペックのハイエンドモデルは、ゲームをプレイしながら配信もすごく快適に行える、心配なんか一切しなくていいぐらいのモデルに仕上げました。ゲームと配信をしながら、他の作業も出来たりするような、ちょっとオーバースペックな内容です。

一番下のスペックのローエンドモデルは、学生さんなど若い人や、初めてPCゲームをやるような人が手に取ることを考えたモデルです。若い人だと「お金が……」という事情もあると思うので、ある程度手に入れやすい価格で、それでも環境の良いスペックでゲームをしたい!という人向けに組みました。
僕が今プレイしているゲームは、そこまでスペックを必要としないのですが、配信をするとなるとある程度のスペックなどが必要なので、そのゲームをしてる人向けというか……最低限ではあるものの、学生でも今後競技者として活躍したい(大会に参加したい)人向けで、手が出せるようなリーズナブルな価格にしました。

ミドルクラスのモデルはハイエンドとローエンドの間、といった感じです。
すべてのモデルで、ゲームはプレイしているけれど配信はまだしたことない、でも配信してみたいなって思っている人に是非手に入れてもらいたいです。

――配信するとどんなことが起こるのでしょうか?

プレイするゲームよると思いますが、その発信者が増えるということは、そのゲームの知名度も広がるので、よりゲームも盛り上がると思います。どうせならゲームのプレイヤーが増えて、分母が多いほうが良いじゃないですか。なので、その発信する人……ストリーマーがどんどん増えれば、プレイしているゲームの良さもどんどんいろんな人に広まっていくと思うので、そういった意味で僕はもっと配信する人が増えればいいなって思っています。

コラボモデルは
ステッカーも特別!

――今回のストリーマーモデルのステッカーは、ストリーマーお一人お一人の好きな絵柄を取り入れました。するがモンキーさんのステッカーはいかがですか?

おお、めちゃくちゃいいじゃないですか! デザインは僕が送ったので絵柄は知っていましたけど、完成品のステッカーは初めて見ました。
僕の好きな食べ物がバナナということで、カラーは完全にバナナの黄色を選びました。DeToNator のロゴも黄色を取り入れていますが、DeToNatorは昔から黒のイメージがあり、ユニフォームも黒なので……DeToNatorのロゴカラーは好きな僕の色の黄色と黒を掛け合わせました。

えー、このバナナめっちゃ良いじゃないですか。
バナナかわいくないですか? ……え? かわいくないですか……?

ストリーマー するがモンキー(DeToNator)

PROFILE

2009年に設立され、今年12年目を迎えるプロゲーミング集団『DETONATOR』のストリーミング部門所属。
世界最高ポイントマンとして表彰された経歴を持つプレイヤー、台湾プロリーグにおいても活躍をし世界的知名度を誇る。