INTERVIEW

配信をしていたい、
最期まで。

ストリーマー SHAKA(DeToNator)

「日本でもPCゲームをだれでも簡単に自由に遊べるようにしたい」そんな想いから生まれたGALLERIAは、2020年7月、ゲーマーにとって信頼できる「相棒」となれるよう新筐体とともにリニューアルを行いました。 リニューアルに合わせて、GALLERIAの志と同じくゲームを愛し、挑戦をし続ける方々にインタビューを行っています!

今回のインタビューは、日本を本拠地としてeスポーツシーンで活動するプロゲーミングチームおよびストリーマー集団DeToNator(デトネーター)の、ストリーマーチームに所属するSHAKAさん。
2020年冬、日本屈指の人気・実績を誇るDeToNatorとのコラボレーションが実現! コラボを記念し、AVAで世界一と言われたスナイパーであり、現在は配信者として活動中のSHAKAさんご自身のお話や、SHAKAさんコラボモデルについてお伺いしました。

ただ自然に、
特別なことをせず、
ゲームを楽しむ

――SHAKAさんは様々なゲームタイトルをプレイされているようですが、配信のこだわりはありますか?

ジャンルとしては、元々はFPSから配信をスタートしたので、今でもFPSがメインかなとは思いますが、それだけではなく色々触ってみたいなとは思っています。
中学生くらいからネットゲームをやりこんでいたのですが、どっぷり浸かってない人でもプレイしているタイトルってあるじゃないですか。「このコンソールを買ったらこのゲームは鉄板」みたいな。そういうのはむしろあまりやってこなかったんですよ。
だからこそ、みんなが昔に一回やったであろうタイトルを、今この年齢で初めてプレイしてみているのですが、まだ体験していない鉄板ゲームがこれからも待っている状態なので、得をしている気がします。

配信のスタンスとしては、「配信だから特別な事する」みたいなことはあんまりしないように心がけています。ペース配分を考えたり、あんまり変なことをしたりしないように、自然にやろうかなというのがスタンスではあります。

カスタマイズしやすく、
他より手を出しやすい。
それがGALLERIA。

――ゲームを楽しむ上で、やっぱりPCのスペックはある程度あるほうがいいでしょうか?

まぁそうですね。プレイしている時に突然ゲームが落ちちゃったり、閉じちゃったり、カクついちゃったり……それで負けると、どうしても「『俺』は勝てていたのに!」という気持ちを少なからず誰でも感じると思うので……。できるだけそういうストレスを排除するためには、やっぱりいいスペックのパソコンがあるといいですよね。

――GALLERIAの良いところはなんですか?

僕は何回か自作でパソコンを作ったことがあるんですけど、コードをまとめたりするのがすごく苦手で……。自分でやると結構めちゃくちゃになっちゃうんですよ。
グラフィックボードぐらいだったら、ケーブル2本をグラフィックボード自体に差して、マザーボードにはめて、あとはネジを締めるくらいで誰でも出来るので、パソコンに詳しくない方でもグラフィックボードの付け替えなどをやっていると思います。その時にケーブルがめちゃくちゃだとはめづらかったり、純粋に邪魔になったりするのですが、GALLERIAのPCだと配線レイアウトをすごく綺麗にしてくれているので、そのあたりのストレスがないですね。

あとは、色々なカスタマイズが出来るって部分が良いですね。ハイエンドにしたり、コストを出来るだけ低めにしても質が良いものが選べたりするのは大前提で良いところだと思います。
更になんと言っても、価格帯が数あるメーカーの中でも低めに設定されていると思うんです。学生たちにとってはパソコンの値段は高いじゃないですか。僕が組んだ一番安いやつでも20万円くらいするので。趣味としてもだいぶ良い値段だと思うんですよね。本当にグレードの高いモデルになったら30万円40万円にもなるわけで、その中でも1万円2万円安いっていうのは本当に魅力だと思います。

何が良いのかわからない、
という配信者に。

――SHAKAさんのカスタムモデルのこだわりを教えて下さい。

SSDという、読み込みの早さと容量の部分は特にこだわっていて、だいたい今あるゲームを個人で遊ぶぐらいだったら十分な量のSSDを積んでいます。一回PCにインストールしたらインストールしっぱなしでおけるくらいの容量、というところを最低限こだわっています。

モデルは3つ。上中下の三段階のモデルがあり、一番いいハイエンドモデルはきっとめちゃくちゃ高いとは思うんですが(苦笑)そこは色んな人に味わってもらいたいなって思っています。
特に配信を見てくれている視聴者と話した時に、パソコンの悩みを抱えている人はすごく多かったので、その人たちをイメージして作りました。

――配信中の対話に関して発生する悩み、というと……?

純粋に、パソコンの知識がない人は、「どんなPCが良いのかわからない」っていうのがあると思うんですよ。例えばグラフィックボードは今だと3060とか3070とか3080とか……、ベンチマークがいくつだとか……そんなことを言われても、じゃあ自分の持っている・もしくは検討しているパソコンはいいの?悪いの?っていう疑問にぶち当たってしまうと思います。そんな人達をイメージして、「めちゃくちゃ良いやつ」と「中くらいのやつ」と「安めだけど、このくらいのゲームは動くやつ」っていうモデルを、僕の配信で話した内容をイメージしながら構成を作りました。やっぱり僕の配信を見ている人には一番届いて欲しいな、触ってみて欲しいなって思っています。

ストリーマーたる意気込みは、
生半可なものではない?!

――今後目指していきたいストリーマーとしての姿や目標などはありますか?

どうだろう……。これマジで言ってるんですけど……僕、自分の葬式まで配信したいと思ってます。死んだ後まで。なので、それまでもずっと配信してたいし、最後も配信したいな、みたいな。そこが目標というとちょっと変ですけど、そのくらいずっとやってたいなというモチベーションではここ数年はずっと続けていますね。

ストリーマー SHAKA(DeToNator)

PROFILE

2009年に設立され、今年12年目を迎えるプロゲーミング集団『DETONATOR』のストリーミング部門所属。
AVAで世界一と言われたスナイパー、現在は配信者として活動中。現在はPUBGのプロリーグ"PJS"の解説を担当。ゲームセンスは高く様々なタイトルの番組にも出演。