GALLERIA SQUAD

最大の武器はコミュニケーション GALLERIAが支えるチームの土台

プロゲーミングチーム| Blue United eFC

  • 「日本でもPCゲームをだれでも簡単に自由に遊べるようにしたい」そんな想いから生まれたGALLERIAは、2020年7月、ゲーマーにとって信頼できる「相棒」となれるよう新筐体とともにリニューアルを行いました。
    リニューアルに合わせて、GALLERIAの志と同じくゲームを愛し、挑戦をし続ける方々にインタビューを行っています!

    今回のインタビューは、サッカーゲーム「FIFA」のプロ選手として活躍するBlue United eFCのアグさんとつぁくとさん。今年2月にアジアを制し、さらなる飛躍を目指すお2人に、さまざまなお話を伺いました。

  • 友人たちと楽しむゲームから
    グローバルな舞台で戦う競技へ

    お2人はFIFAのプロシーンで活躍されています。ゲームとの出会いや、プロeスポーツ選手になったきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

    つぁくとさん:
    サッカーゲームに出会ったきっかけは、高校生のときに友達から誘ってもらったことですね。大学生までは「ウイニングイレブン」をやっていて、大会にも出るようになり、いい結果を出すことができました。そして「FIFA17」のとき、誰でも世界大会にチャレンジできるということで、いい挑戦になると思ってFIFAに移行しました。

    その後、「FIFA18」で初めてBlue United eFCから「FIFA eクラブワールドカップ」に参加してみないかと声をかけていただき、挑戦することになりました。結果的にアジアの大会に勝って本戦出場となり、「FIFA」のプロとして“やっていける”と思ったことがきっかけですね。最初はただただ友達と楽しむだけでしたが、少しずつ強くなっていく中で、どんどん挑戦してみたいと思った結果が、今につながっています。

  • アグさん:
    小学校から中学2年生まではサッカー部に入り、サッカーをやっていました。ただ、中学2年生のときに部活を辞めて、家で暇な時間ができてしまったときに、テレビを付けたら偶然、イングランド・プレミアリーグの再放送をやっていたんです。最初はぼんやりと見ていたのですが、徐々に「サッカーってこんなに面白いんや」となり、ついには完全にのめり込みました。そのときに見ていたのが、今も一番好きなマンチェスター・シティの試合で、セルヒオ・アグエロ選手のデビュー戦でもあったんです。今の「Agu」という名前もアグエロ選手から取っていて、本当に運命的な出会いでした。以降は知識ばかりが溜まっていき、「何か活かす場所はないか」と思っていたところで、「FIFA」に出会って衝撃を受けました。細かい戦術まで設定できて、「面白いな」と思ってやっていたんですが、気付いたら日本一になっていました(笑)。自分でもビックリしましたね。

    その後も趣味として続けていたのですが、一緒にFIFAを楽しんでいた地元の友達がプロになっていったんです。仲間たちが世界で結果を出すようになり、楽しそうに、幸せそうにしている姿を見て、「やるなら今しかない」と思っていたとき、たまたま彼(つぁくとさん)から誘われて、Blue United eFCに入ることになりました。

  • プロ選手になるにあたり、Blue United eFCを選んだ理由とは?

    つぁくとさん:
    日本国内の大会は「ウイニングイレブン」で満足している部分もあった中で、世界で活躍したい、世界で名を挙げたい、世界に出られるところでやってみたいという思いがありました。その思いと、グローバルに展開しているBlue Unitedの理念が合致した形です。

    アグさん:
    チームに誘われたとき、僕はまだ一般企業で営業として働いていました。その中でBlue Unitedのスタッフの方々との面談を通して、「このチームならすべてを投げ出してでも挑戦したい」と思いましたし、相方につぁくと選手もいるということで、「このチームしかないな」と。他のチームともお話はさせていただいたんですが、世界を目指してやっているというところに魅力を感じました。

    Blue Unitedでプロとして活動する中で、助けになっている部分を教えてください。

    つぁくとさん:
    FIFAの大会が日本国内で開かれることは少なくて、基本的に欧州やアメリカでの開催です。英語は必須になるわけですが、通訳を含めてBlue Unitedのスタッフの皆さんのサポートが、プロシーンではかなり助けになっています。

    アグさん:
    他のチームよりもスタッフの方々と親密な関係を築けているとも感じています。チーム内での関係性は一番大事な部分だと思っていますし、これだけ親身になって支えてくださっていることはとてもありがたいですね。

  • コミュニケーションを改善し、
    二人三脚でアジア制覇

    2021年2月にはeクラブワールドカップ(W杯)の東アジア地域優勝を果たしました。これまでの道のりを振り返ってください

    つぁくとさん:
    もともと仲の良いアグ選手がBlue United eFCに加入して、口げんかすることはありますけども……。

    アグさん:
    他のチームとは比べものにならないくらい、シーズン中にはバチバチやっていますね。

    つぁくとさん:
    彼が加入して最初のシーズンはほぼけんかしていたくらいです(笑)。たぶん、お互いプライドが高いんですよね。

    アグさん:
    頑固なんですよ(笑)。僕は年齢に関係なく何でも言うタイプですし、思ったことはすぐ口にする。そして、彼も絶対に折れないことがありますから。

    つぁくとさん
    結果として、お互いに譲らないような形での1シーズン目になりました。そのまま2シーズン目に入り、2020年のeクラブW杯ミラノ大会では、コミュニケーション不足からあまり良い結果になりませんでした。お互いに見つめ直して、悪いところは指摘しつつ、良いところは褒め合って伸ばしていこうという形になり、次の大会に向かったんです。その結果、アジア地域予選で勝って、世界大会に行く権利を手にすることができました。

    実は、今シーズンに入ってから、序盤は僕が全然結果を出せずに、内心、落ち込んでいました。しかし、ミラノ大会の反省から「コミュニケーションを取っていこう」となっていたので、お互いに「どうしようか」と話していました。アグ選手はずっと調子が良かったので、「俺は行けるから」と励ましてくれていました。でも、いざeクラブW杯の予選に入ると、今度は彼が調子を崩し始めたんですよね。

  • アグさん:
    ゲームのアップデートが来てから、勝てなくなってしまったんです。逆につぁくと選手の調子が良くなったんですよね。ミラノ大会のときは僕がずっと引っ張る形になっていて、「今年は頼むぞ」と言っていたんですが、完全に逆になってしまって(笑)。今年のeクラブW杯ではずっと引っ張ってもらえたので、おあいこですね。

    つぁくとさん:
    ミラノでの悪い結果があってからコミュニケーションをしっかり取るようになり、試合中のモチベーション維持の面が大きく改善されました。それが結果としてアジアの1位につながったと思っています。

  • GALLERIAのPCが実現する
    円滑なコミュニケーション

    東アジア地域優勝以降、GALLERIAのサポートを受けるようになりました。どのような変化がありましたか?

    アグさん:
    まず、契約してくださったことに感謝を伝えたいです。GALLERIAのPCは配信のときや普段のコミュニケーションツールとしても役立っています。

    つぁくとさん:
    他のPCゲームと違って、僕らはコンソール(家庭用ゲーム機)で戦っています。コンソール上だと戦術の共有など、やりにくい部分もありました。GALLERIAのPCのおかげで、通話しながら戦術を共有したり、試合を一緒に見返して「ここはダメだったね」「ここはよかったね」とより細かく詰めることができるようになりました。

    アグさん:
    そして、録画を見返すときに高画質というのも大きいですね。

    お2人はコミュニケーションを非常に大事にしていることが分かります。コミュニケーションツールとして、GALLERIAのPCはどのように役立っていますか?

    つぁくとさん:
    例えばフレンドリーマッチの動画をGALLERIAのPCで画面共有して、アグ選手に円滑にコーチングをしてもらうことができています。画面共有の際は大量のデータ通信を行うので、スムーズにストレスなくやれているというのは、僕らにとってかなり大きいですね。

    アグさん:
    僕もまったく同意見です。それと練習ではないですが、例えばゲーム配信をするときにどれだけ負荷を掛けても重くならないですよね。これもとてもありがたいです。

  • ゲーミングPCが当たり前な世の中へ
    デジタル機器の普及をGALLERIAとともに

    今後はどのような活動をGALLERIAのPCとともに進めていきたいですか。

    つぁくとさん:
    今シーズンに限って言えば、僕は配信をする機会が少なくなってしまっていますが、GALLERIAのPCの力を借りて、少しでも多く取り組めるようにできればと思っています。そして、僕らの強みはコミュニケーションにあると思うので、そこをさらに強く押し出して取り組んでいけたらいいなと思います。

    アグさん:
    PCを提供していただいている以上、GALLERIAの機器だからこそできる活動をしていきたいですね。配信にもっと力を入れたいというのもありますし、登録者を増やして恩返しをできるようにより頑張っていきたいと思います。

  • 配信活動などは、GALLERIAが提供する“デジタルな世界の広がり”にもつながっていくのではないでしょうか。

    アグさん:
    今はゲーミングPCがeスポーツの普及に伴ってどんどん増えていますし、ゲーミングノートPCも出ています。これからはゲーミングPCや周辺機器がもっと身近な世の中になっていくんじゃないかとも思うので、ぜひ興味がある方は製品情報を見てもらえたらなと思います。もっとゲーミングPCが当たり前な世界になっていくとも思っていますし、そうした未来を僕も楽しみにしています。そのための普及活動に、僕たちも取り組めていけたらなと思います。

    つぁくとさん:
    PCでは、周辺機器が非常にいいものがそろっています。今の若い世代向けであれば、スマートフォンのアクセサリーなども充実していますし、そういったところでもGALLERIAを使ってもらえたらうれしいです。僕ら自身もそうした情報をどんどん広められるように、力を入れていきたいなと思っています。

PROFILEプロフィール

「日本のe-sports産業が世界トップレベルになるためにその発展と国際化に貢献する」をビジョンに掲げ活動するBlue United eFC。
FIFAe Club World Cup 2021 Zone2(East Asia)で優勝、東アジア地区王者に輝いた。

公式WEBサイト
https://www.blueutd.com/efc/
Twitter
https://twitter.com/BlueUnitedeFC

プロゲーミングチームBlue United eFC

CONTACT

GALLERIAに関するお問い合わせは以下よりお気軽にお問い合わせください。